留学のコツ!

 
 

 どこの国へ行きたい?@     

 
 

 

トップページ

留学って何?

留学先を決めよう@

留学先を決めようA

留学先を決めようB

お問い合わせ

     

 どこの国へ行きたい?@ 


      アメリカ(言語:英語)
  


 
 

アメリカの語学学校には世界中から留学生が集まるため、語学力を含めた総合的な国際的なコミュニケーションスキルも養うことができます。積極性が重要視されるので、物怖じせずに発言や質問を重ねることが実力アップにつながります。アメリカ国内には数え切れないほどの語学学校があり、どこにしようかと迷ってしまうほど。 

日本の約26倍もの面積を持つ広大な国「アメリカ」。
東西南北に国土が広がっているため、気候も温暖、高温多湿、砂漠などの乾燥地帯と様々な気候が分布している。時差もアメリカ東部・西部など、6つの時間帯を持ち、その国土の広大さがうかがえる。世界の経済をリードするアメリカは、教育に関してもトップレベルの環境を誇る。学校数、専攻科目やプログラムの豊富さ、最新設備、教授陣の質などから、毎年日本を出発する留学生は減ることはない。留学生の半数以上が、アメリカを選択しているのもそんな豊富な教育環境が理由でしょう。

 
 

 


    TOP

 
        カナダ(言語:英語、フランス語)
   

 
 

カナダでは英語だけでなくフランス語の学習もOK。フランス語を集中的に学びたい人はフランス文化圏であるケベック州(モントリオールやケベック・シティなど)を留学先に選ぶと、日常生活でもフランス語に多く触れられます。熱心で優秀な教師たちと、勉強や生活について親身になってアドバイスしてくれるスタッフたちに囲まれ、充実した留学生活が送れると思います。

 
 

 

 

    TOP

  
        オーストラリア(言語:英語)
   



 
 

生きた英語が学べるオーストラリア語学留学。オージーイングリッシュのアクセントが気になるという人もいるかもしれませんが、先生方はおおむね標準的な英語を話します。英語集中コースはもちろんのこと、英語レッスン+スポーツ、英語レッスン+ボランティアのようなコースもあります。

日本の約20倍という広大な国土を持つオーストラリア。そこに東京都と大阪府を合わせたより少ないくらいの人々が生活しているだけなので、いかにゆったりしているかが、わかって頂けるだろう。広大な大陸は、亜熱帯気候から温帯、地中海性気候まで様々だが、日本と比べると年間を通して温暖で、また治安の良さと物価の安さも、昨今では留学先として人気が非常に高い。ロンドンの経済誌の発表では、世界130都市の中で、最も住みやすい都市を調査した結果、上位10位のうち、オーストラリア6都市がランクインされていることでもその人気の高さを証明しています。

・大都市で生活しながら語学を学び、国際感覚を磨きたい!・・・シドニー
・治安の良い都市で海外生活をゆったりのんびり体験したい!・・・パース
・雄大なオーストラリアの自然を満喫したい!・・・・ケアンズ・パース
・ホテルやツーリズムなどの観光業で活躍したい!・・・シドニー・パース
・日本での看護師免許を生かして海外研修や就職にチャレンジしたい!
                                  ・・・シドニー・ブリスベン
・ダイビングライセンスを取得したい!海に関わる仕事に就きたい!
                                  ・・・ケアンズ・パース

Valuable information

手芸用品を選ぶ

Last update:2017/9/21

 
 
 
 
Copyright (C) 2008 留学のコツ!. All Rights Reserved